「WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版」の感想

Mdn BOOKS(@mdn_books)さんの書籍プレゼント企画に応募して当たった「WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版」を読んだので、感想を書きたいと思います。

表紙はかわいいけど内容はかっちり

「WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版」はこのカラフルな表紙に惹かれて興味をもったのですが、いざ実際に読んでみると文章をはじめかっちりとしていて、タイトル通りまさに”教科書”という印象。

WordPressとは?からはじまり、管理画面の説明やテーマ・プラグインについての解説、そして仮想のカフェサイトの構築とひと通りの知識を学ぶことができます。

「WordPressのやさしい教科書。」は、WordPressのことについてしっかり学びたいという人に向いた書籍になっています。

ただ初心者がほんとに求めているモノとは違う?!

「WordPressのやさしい教科書。」は学校などで学ぶ教科書としてはふさわしい本だとは思いますが、ただワードプレスについて知りたいという初心者には不向きかもしれません。

というのも、この本はどちらかというとビジネスサイト向けで、ブログサイト向けではありません。

WordPressで趣味ブログを始めたい、新しくなったエディタ(Gutenberg)の便利な使い方を知りたいといったことが目的ならば、もっと他に適した本があるはず…というかあります。

ただの初心者にはWordPressがオープンソースであるとか、データベースのテーブルの構造がこうなってるとか、WordPressのコミュニティなどといった情報は不要だと思うんです。

まとめ

「WordPressのやさしい教科書。 手を動かしながら学ぶ実用サイト作りと正しい運用 5.x対応版」は、WordPressの知識について知りたいという方に適した本です。

教科書的な内容で、よりWordPressの”コア”を覗き見たい初学者におすすめかもしれません。